最近のトラックバック

« 4レンズ水平テスト | トップページ | 2023年 年の瀬 »

Ai 対応(ニッコールS Auto 50mm f1.4 Ai改)

かつて一眼レフ用の古いニッコールレンズ(ニッコール Auto やニューニッコール)には Ai 対応というメーカー純正改造サービスがありました。

Img_e3263  

.
昨年前半に入手した ニッコールS Auto 50mm f1.4 を色々な被写体と撮影条件で試してみたところ、その映りがとても気に入りました。

Dscn3094  

かつてこのレンズに関する一般的な評価は「映りがシャープなのはいいけれど硬過ぎる」とか「発色が黄色っぽい」などと云われていたのですが、昨今のデジタル時代のレンズによる映りとその過度な再現性に慣れてしまった目で使ってみると、むしろ硬過ぎなくて 絞りを開け気味で撮れば被写体によっては牧歌的でなかなかに味わいのある映りをしてくれると感じますし、発色の誇張や偏りがないので使いやすいレンズだと言えます。

Img96  

今日の悪条件重なりまくりのフイルム供給事情に限らず 銀塩写真撮影機材の未来は色々な意味で先細りですが、フイルム・現像・プリントに要するコストがこうも高騰するわ そもそもフイルムの供給自体が絶え絶えだわという厳しい状況が改善しないようでは、撮影機材を動態保存すべく稼働を維持できる個体数はどうしても減ってしまいます。 よって相応に撮影機材の整理縮小・取捨選択を徐々にとはいえ進めることを余儀なくされている訳ですが、このレンズについては是非とも手元に残したいところです。

.

手持ちのMFニコン撮影機材で互換性に問題があるのは new-FM2にニッコール Auto のレンズを装着できないことのみなので、今回はレンズ側即ちニッコールS Auto 50mm f1.4 をAi 対応する方向で対応したいところです(ボディー側での対応… 即ち「new-FM2にFMの Ai 対応ピン可倒式マウントを移植すること」が可能かどうかは定かではないので、この方が現実的でしょう)。

かつてニッコール Auto やニューニッコールなどの古いニッコールレンズには、絞りリングを Ai 対応品に交換するメーカー純正改造サービスがありましたが、既にこのサービスは終了して久しいです(そもそも年式の古い機材については補修部品の有無に関係ないメンテナンスでさえ受け付けなくなっています…)。 そこで今回は自前で市場から部品を入手して対応する方向で検討することにしました。

.

思いついたのは まず市場に流通している中古レンズの中から『ニッコールS Auto 50mm f1.4 メーカー純正 Ai 対応改造品』のカビ玉(光学系にカビが発生してしまっているジャンク品)を入手して、これを部品取り用としてバラすことで Ai 対応絞りリングの部品を調達しようという作戦です。

コイツを昨年入手した本命レンズの方のニッコールS Auto 50mm f1.4 に組み付けてやることで、今やメーカー対応を得られなくなった Ai 対応改造と同じ条件を再現しようという目論見なのですが、タイミング良くNETオークションでカビ玉だと思って超格安にて調達したレンズをチェックしてみると、前後の玉に汚れが見られるものの中玉には埃もカビも見当たりません…💧 

前玉と後玉をレンズクリーニングペーパー&リキッドで清掃してみたところ 汚れは全て除去できて(慣れているとはいえ今でも緊張しますね。 ちなみに汚れの中には乾いた醤油らしき物が粒状に付着している個所もありました。 歴代オーナーの中にパックの寿司でも食べながら脱着した人がいる⁉️)、コーティングの劣化やキズ・黄変やクモリは発生していないとても綺麗な個体であることが分かりました。

(本当にこのレンズから部品取りしちゃうの…?💧)
Img_e3230  

だからといって今更後には引けないので 心を鬼にして本命レンズと部品取り用レンズを並べて 動画などを参考にしながら絞りリング周りをバラしていったところ、メーカー純正 Ai 対応改造品の絞りリング周りと ニッコール Auto のそれとでは そもそもの構造が大幅に異なるので絞りリングだけを簡単に脱着して入れ替えることはできないのだということが判明しました…💧

(絞りリングだけ入れ替えできると思ってたんだけど…)
Img_e3238  

敢えて言うならば「レンズをO.H.するレベルで前側から全バラして、レンズ鏡胴部の後側一式をマウント&絞りリングごとセットで入れ替える(←要はメーカーがやっていたのと同じことをするという話ですが、資料を見ても Ai 対応改造キット6&7は7枚絞りのモデルの欄にしか記載されておらず、6枚絞りの頃の初期玉用にそれらの Ai 対応改造キットを組み込めるか否かについては定かではありません…)」というのであればできる可能性もあるのかもしれません。

しかしながらこれはあくまで憶測にすぎないので確実にできるという確証はありませんし(実際、6枚絞りの初期型で Ai 対応改造キットが組み込まれている個体をこれまでに見たことがありません…)、何よりそこまでの作業となるとレンズの前側から光学系・ピントリング・鏡胴・絞り機構の順番で全てを分解してからでないとできない構造になっているので、それを自分で行えるほどの技量と経験を私は積んでいません。

.

幸か不幸か今回 部品取り用のつもりで調達した方のレンズは、自分で清掃したことによって実は光学系が比較的美品であると確認できていますし 作動にも不具合は見当たりません。 絞り羽根が6枚ではなく7枚であるという一点を除けばありがたいほどの程度を維持できている個体なので、このままこれをnew-FM2用として運用していくという方法もアリかなという気がしてきました(←ちょっと弱気になっている?)。

Img_e3258  

そんな訳で今回部品取り用として調達した方の『ニッコールS Auto 50mm f1.4 メーカー純正 Ai 対応改造品』は清掃・点検を終えて、そのままドライキャビに収納されて、保有する撮影機材の中でもダブりまくりのニッコール標準レンズ群の仲間入りを果たしたのでしたw

(右から順に58mm f1.4、50mm f1.4の6枚絞り、50mm f1.4の7枚絞りAi改。 結局 ニッコール Auto の標準レンズだけでも3本に増えてしもうたガナ…💦)
Img_e3245  

つい先日カメラボディー3機・交換レンズ7本を整理縮小したばかりなのに、何をしてるのやら…💧

 

---------------

---------------

 

【補足】

 

ちょいと余談になりますが…

拙ブログが開設して以来 長らくお世話になっているニフティ社のブログサービス『ココログ』がこの12月で20周年を迎えられました。

Ccr  

2000年を過ぎた頃から雨後の筍のように各社からブログサービスが提供されて 一時は群雄割拠の様相を呈していましたが、SNSの普及とともに陰りが見え始めて 近年ではサービスが打ち切られるケースも増えました。
今や数えるほどの件数しか残っていないブログサービスですが『ココログ』については揺らぐこともなくサービスを継続して頂けて感謝しております。

数年前にシステムの刷新が行われた時は少々苦戦したりもしましたが(苦笑)、インフラのように一貫性のある信頼性の高いサービスを継続して頂けていることには頭が下がる思いです。 

ニフティさん ありがとうございます。
願わくば今後もこの恵まれた環境を享受して 細々とながら書き物を続けていきたく存じます。

.
 

« 4レンズ水平テスト | トップページ | 2023年 年の瀬 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4レンズ水平テスト | トップページ | 2023年 年の瀬 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ